上手にキャッシングを使おう

キャッシングと聞くと多くの書類が必要ではないか、とか、手続きとか時間がかかったり、審査が厳しくてなかなか通らないのではないかとかの不安な気持ちを抱く方が珍しくありませんが、実際はそんな事はありません。

 

以前は銀行系のキャッシングは審査が難しいというのをよく聞きましたが、近頃では銀行系ですら即日審査が当たり前になってきました。それでいて利息も低いので大変な人気になっています。

 

また、キャッシングを利用する条件は年齢が二十歳を超えていて、安定した収入があればよく、アルバイトでもパートでも構わないというところが多くなっているので、本当に気軽に申し込む事ができるんです。

 

もちろん、いくら気軽だからといって借りっぱなしで返すのを忘れたりしたら大変な問題になりますから、くれぐれも慎重に、計画的にという常識だけは忘れないで利用してほしいと思います。
上手に使えば日々の生活が豊かになりますし、実際利用者のほとんどの方が上手に利用を続けているようです。

裕福ではない人の欲望の実現

仕事上の付き合いや、見栄・プライド、もしくは自分の欲望などが関係すると思います。

お金が必要になったが、それが手元もしくは貯蓄として無い場合に、自分の見栄やプライドで消費者金融等からお金を借りたり、諦めきれず(我慢できず)人から借りたりすると思います。

人に言えないようなことにお金を使う場合や、額が大きい場合は消費者金融でしょうし、そうでなければ気の知れた友人や身内から借りると思います。

返すアテを無理やり作り、何事もうまくいくと思って安易な気持ちで借りるんだと思います。

私の友人は、リゾート関係の仕事をしていて、そこの人の金銭感覚は一般的なサラリーマンに比べると異質でしたが、その輪に入れないのが嫌で奥さんにも言えず消費者金融でお金を借りていました。

別の友人は、家を購入するときに頭金が無く、親から借りていました。

我慢できる人(自分の身の丈を分かっている人)やお金を借りることに抵抗のある人、そもそも借りる必要のないくらい稼いでいる人には無いでしょうが、そうでない人は自分のやりたい事や、地位・見栄えを優先してお金を借りるんだと思います。

私自身も、株を始めようとしたときにまとまったお金が無く、諦めようかとも思いましたが、でも目の前の「儲かるかもしれない」という欲望に耐え切れずお金を借りました。

借りたお金は株で儲けてから返そうと思っていました。

ただ友人や嫁には言えなかったので兄に借りました。

結果失敗しましたが。

信頼は返済しても戻らない、借金の怖さ

誰しも多かれ少なかれ、急にお金が必要になったことはあるだろう。

 

少額の場合、クレジットカードのキャッシングなどで軍港から引き出すように手軽に借りることもできる。
便利な時代だ。

 

すぐに返してしまえば、借りた本人としては何の問題もない。

 

実際に、妻や夫の知らないところでちょっと借りた、という経験のある人もいるだろう。

 

しかし、ちょっと考えてほしい。
少額であろうとすぐ返そうと、キャッシングは借金なのだ。
家族に言わずに借りていれば、それは内緒の借金。
家族がサラ金からお金を借りていた、ということになれば大問題だが、突き詰めて考えれば同じようなものなのだ。

 

もし家族にバレれば、金額の多寡よりも家族に黙ってお金を借りたということが問題になるだろう。
この人はいずれもっと危険なところから借りてしまうのではないかと家族に疑念を抱かせるのには十分だ。

 

そこで失った信頼はお金を返した時点で戻るものでもなく、長いローンとなって返していくことになりかねない。
それほど、お金というものは簡単に家族や友人の信頼を打ち崩せるものなのだ。

 

ゆえに、私は家族に内緒で借金はしない。キャッシングに限らず、ちょっと友人から借りたりすることもしないようにしている。

 

私自身が小心者だからというのもあるが、信頼と天秤にかけてなお欲しいものなんてそうそう無いと思うからだ。

 

今持っているお金で買えないものは自分にとって分不相応なものだと思うことにして、諦めることにしている。

お金を借りる方法は大きく3つある

お金を周囲の人から以外で借りる方法は大きく3つあります。その3つは全ての人が同じように借りられるわけではありません。

まず、1つ目の方法は自分の持っているクレジットカードのキャッシング枠を利用して借りる方法です。

これは人によって、借りられる額が違います。人によっては借りられない場合もあります。

これはその人のクレジットカードの設定やらで決まっています。

その枠を知らない人はチェックしてみましょう。

2つ目はカードローンなどから借りる方法です。

この場合、銀行系のカードローンと、消費者金融系のカードローンがあります。

消費者金融系のカードローンのほうが、審査が簡単な場合が多いでしょう。

そして3つ目が、自分の加入している生命保険から借りる方法です。

借りられる金額はその人の加入している生命保険の規則によって違ってきます。

それらの特徴を調べた上で、お金を借りるのがよい方法です。

ローンの引き落とし日なのに口座残高が足りない

カーローンの返済金が口座から引き落とされる日なのに、お金を口座に入れておくのを忘れてしまった。

そして、きょうはとても忙しくて、お金をわざわざ入れにいくことができないというようなときはどうすればいいのでしょうか。

そのようなときはオンラインキャッシングを利用しています。

クレジットカード会社のマイページから申し込むと、ただちにあらかじめ指定された自分の口座に指定した金額を入金されることができます。

口座引き落としがある際は、前日までに口座に準備しておくことが望ましいですが、通常の場合、引き落とし日に何度か引き落としがかかりますから、ギリギリ間に合うことでしょう。

振込手数料は無料ですから、かかる費用は利息のみですので、すぐに返済してしまえば、あまりかかりません。

深夜の飲み会にお金が足りないときは

週末深夜の飲み会、終わったと思ったら、河岸を変えて飲み直すなんてことになったのはいいけれども、財布の中がピンチなんてことはよくありますね。

そしてコンビニのATMに駆け込むことになるでしょう。コンビニATMの手数料に加え、時間外手数料が重なると216円はかかることになります。

普段から、1円でさえ惜しんで節約しているのに、自分の預金を引き出すのにこれだけのお金がかかるのでは気持ちが暗くなります。

そのようなときはカードローンを利用してキャッシングをするようにしています。

ローン専用カードは手数料がかからないものがほとんどですし、返済もいつでも簡単にできます。

216円を利用手数料で取られてしまうなら、必要な額をキャッシングして、翌日には返済してしまったほうが低コストです。

ちょっとイメージは悪いです

お金を今まで人にも企業にも借りてこなかった側から考えると、お金を借りるというイメージはちょっと悪いです。

どこかやましい感じがするし、借りることになった理由がその人にあるような気もするからです。

でも実際社会人として生きてみると、普通に仕事をしているのにお金が足りなくなって無心することもかなり出てくるものです。

そんなとき、頼れる家族や知人がいなければ、金融機関にお金を借りに行くこともあるんだろうなと思います。

みんながみんな遊んでお金がなくてその場限りの無心をするのではないのだけど、ドラマのイメージも手伝って、どうしても悪くなってしまうのが現状です。

実際はそんなことあまりないんでしょうけど、イメージですね。

お金を借りるのは最後の手段

「お金を借りる」と言う事に、良いイメージを持っている人は少ないのではないでしょうか。

それこそ、出来るだけそんな事はせずに暮らしていきたいと思っている人がほとんどだと思います。

そうならない様に仕事をし、収支のバランスを心がけ、もしもの時は死ぬ気で節約をすると言う人が多いのではないでしょうか。

そんな時「キャッシング」と言う手段を選んでしまえば、それほど楽な事はありません。

未来の自分に期待をし、今を乗り切るための選択に成り得るものです。

それでも多くの人が「お金を借りる」事を良しとしない理由…きっとその行為を最後の手段だと認識している人が多いためだと思います。

友達にしろ業者にしろ、リスクはもちろん自分自身の信用性を失わせる手段。

「お金を借りる」と言う行為に対し、それくらい重いイメージを抱いている人は多いと思いますし、私自身もそのひとりです。