信頼は返済しても戻らない、借金の怖さ

誰しも多かれ少なかれ、急にお金が必要になったことはあるだろう。

 

少額の場合、クレジットカードのキャッシングなどで軍港から引き出すように手軽に借りることもできる。
便利な時代だ。

 

すぐに返してしまえば、借りた本人としては何の問題もない。

 

実際に、妻や夫の知らないところでちょっと借りた、という経験のある人もいるだろう。

 

しかし、ちょっと考えてほしい。
少額であろうとすぐ返そうと、キャッシングは借金なのだ。
家族に言わずに借りていれば、それは内緒の借金。
家族がサラ金からお金を借りていた、ということになれば大問題だが、突き詰めて考えれば同じようなものなのだ。

 

もし家族にバレれば、金額の多寡よりも家族に黙ってお金を借りたということが問題になるだろう。
この人はいずれもっと危険なところから借りてしまうのではないかと家族に疑念を抱かせるのには十分だ。

 

そこで失った信頼はお金を返した時点で戻るものでもなく、長いローンとなって返していくことになりかねない。
それほど、お金というものは簡単に家族や友人の信頼を打ち崩せるものなのだ。

 

ゆえに、私は家族に内緒で借金はしない。キャッシングに限らず、ちょっと友人から借りたりすることもしないようにしている。

 

私自身が小心者だからというのもあるが、信頼と天秤にかけてなお欲しいものなんてそうそう無いと思うからだ。

 

今持っているお金で買えないものは自分にとって分不相応なものだと思うことにして、諦めることにしている。